[PR] 住宅ローン お迎え | ベリたん
PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
タグふれんず

ベリたん

コーギーのベリーとの暮らし。
ベリーと探検、ベリーを探求。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - |
ベリーがやってくるまで 3
(そのまた続きです)
さて、我が家にいよいよチビコギがやってくることになりました。
ブリーダーさんから「早めに名前を決めて下さい」と連絡を頂き、呼びやすくて
可愛い名前を…とJKCホームページの犬名リストなども参考にしながら考える
毎日でした。
(ブリーダーさん宅にいるうちから名前で呼ぶと、自分の名前として早く
覚えてくれるそうです。他の兄弟たちも名前が決まっているようでした)

そして、あの子の特徴が
・すぐにお腹を見せる
・木の実のようなまんまる瞳
なので、お腹(belly)木の実(berry)から“Berry”という名前に決まりました。
「ベリー」と呼んでみると、改めてまた実感が湧いてきました。

それからは、グッズを揃えにペットショップを見てまわったり。
迎える日まで、時々成長の様子をメールで送って頂いていました。

ブリーダーさん宅のデッキではしゃぐベリー。まだ小さかったね

お迎えしてからの事はまた後日…と思いますが、今回私たちは良いブリーダー
さんに出会い、ご縁があって良かったと思っています。

コーギーの飼育本でも、ブリーダーさんから購入するメリットとして
 ・両親犬がわかるので大きくなった時の姿、性格の目安がつく
 ・兄弟の中から子犬の性格や外見を見て選べる
 ・飼育の相談にのってもらえる
 …など、あげています。

また、ペットとして飼うのか、繁殖犬にしたいのか、ドッグショーに出したいのか…
最初から希望があれば相談し、目的にあった子を飼う事が出来ると思います。

私達は最初はただ、可愛いコーギーと暮らしたい、という思いだけでしたが
ブリーダーさんにお会いして話を伺い、コーギーへの愛情、真剣に育成に取り組
んでおられる事を知り、そんなに好きになるなんて、どんな犬なんだろう?
自分達もコーギーをもっと知りたい、と興味も膨らみました。
それに今でも、何かあれば相談をさせて頂いたり…本当にお世話になっています。

ベリーの兄弟達も、それぞれのお宅で幸せに暮らしているようで、とても
嬉しいです。
10人いれば、10通りの出会い方があって、それぞれが縁で結ばれて生活を
共にするという事ですね。不思議だし、縁とは凄いと思います。

こちらがこの子!と思ったように、「こいつらならまぁ、良いかな…」と
少しでもベリーも思ってくれてたら嬉しいのですが汗

お互い楽しい日々を過ごせるように、頑張りたいです。


| お迎え | 16:21 | comments(4) | trackbacks(0) | - |
ベリーがやってくるまで 2
(昨日の続きです)
2005年4月19日、子犬を見るため、二人して飛行機で熊本のブリーダーさん宅へ…


バーミーウィンズの前田さんにはわざわざ空港まで迎えに来ていただきました。
(お昼までご馳走になってしまいました。熊本名物「太平燕(タイピーエン)」、本当に美味しいです!)

犬舎に到着すると、コーギーたちがウェルカム状態で出迎えてくれました。
みんなのびのびと、デッキとお部屋を自由に行き来しています。

子犬部屋に入ると、チビコギ4兄弟が仲良く遊んでいました。
そして、最初にヨチヨチ寄ってきて手をペロペロしてくれた子がお腹をごろーんと出してきました。
「撫でて」と言っているようだったので、お腹を撫でていると、他の子たちも
寄ってきて…。
その後は、ベルトの金具を狙われたり、手を甘がみされたりとワヤワヤに。
チビコギに囲まれ、夢のようなひと時でした。
(画像に残せず、残念です…)

色々とお話を聞きながら長時間見せて頂いたのですが、結局その日は2頭のうちどちらにするか決められず、写真を撮らせてもらい決まり次第連絡する事になったのです。


抱き上げた4頭…1ヶ月半くらいの頃です。みんなずっしり重いです

犬舎のコーギーやウェンディお母さんにも会い、撫でさせてもらいました。
中でも体の大きな立派な牡コーギーのトニー君(ベリーのおじいちゃんにあたります)は真っ先に撫でて〜とやって来て、体をよじりすぎて転倒していました。

本当にみんな人なつっこくて素敵なコーギーでした。

前田さんには観光の手配までして頂きました。
路面電車に乗ってアーケイド街や熊本城のお堀を散策、翌日はレンタカーで
黒川温泉へ。
のんびり温泉につかり…と、すっかり熊本を満喫して帰路につきました。

さて、肝心の子犬は…。
かなり迷ったのですが、最初に寄ってきてくれ、ごろーんとお腹を出してきた子に縁を感じ、その子を譲って頂く事になりました。

| お迎え | 12:00 | comments(2) | trackbacks(0) | - |
ベリーがやってくるまで 1
今日はベリーがやってくるまでの事を少し書いてみようと思います。

実家では両親が犬を飼うことに反対で機会がなかったのですが、
結婚をして状況も変わり、友人のわんこと遊ばせてもらっているうちに、私の
「犬飼いたい」欲求はピークに達し(笑)
犬を飼うならコーギー!と決めていました。
仕事の合間にネットサーフィンをしては、あちこちの犬舎のホームページを
のぞく毎日でした。
(実は仕事してなくてすみませんでした…)

そんな時、熊本県のコーギー専門犬舎「バーミーウィンズ」さんのHPに出会いました。
もう、すごい可愛さで、どの子も天使のように見えました。
いずれペット可物件に引っ越すつもりだったので問い合わせたところ、
すぐにとても丁寧なメールを頂きました。

バーミーウィンズさんでは、女の子達は状態を見ながら年1回の出産になる
そうですが、うまくいけばウェンディちゃんという子が3月に出産予定との事。
とても性格の良い子で、「ウェンディちゃんの子がほしい」という方もいるので
その方が先に子犬を選ぶ事になるが、それでも良ければ・・・という事で
産まれたら連絡を頂けることになりました。

そして2005年3月6日、「男の子4兄弟を出産しました」と連絡を頂きました。
この写真は2週間後、目が開いたときにHPに掲載された写真です。


おそらくこの子がベリーです
(右手が真っ白でブレーズが太めです)

それから4月19日にお宅までお邪魔する事になり、まだ飼い主さんが決まって
いない2頭の子犬を見せて頂く事になりました。
「憧れのわんこが飼える・・・」と、もう毎日わくわくしていました。
 
この続きはまた…たらーっ
| お迎え | 18:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
SEARCH THIS SITE.
MOBILE
qrcode
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
OTHERS

ご訪問ありがとうございます